UV対策を徹底!日焼け止めの使い方の基本と注意点

目次

なぜUV対策が必須か

 UV対策は、健康的で美しい肌を保つために欠かせません。紫外線は皮膚に様々な影響を及ぼします。そのため、日焼け止めを使った適切なUV対策が肌の健康を守る上で必須となります。日焼けだけでなく、肌の老化やシミ、そばかすの原因ともなるため、日常生活の中で紫外線対策を行うことは、美肌を保つためにも重要です。

紫外線による肌への影響

 紫外線には、肌の表面を傷つけるUVBと、肌の奥深くまで届きコラーゲンを破壊する可能性のあるUVAがあります。特にUVAは透明なガラスを通過することができるため、日差しがそれほど強くない日や室内、車内でも無防備な状態で影響を受けることがあります。

 このように紫外線は、思ったよりも身近な存在で、年中無休で私たちの肌に影響を及ぼしています。その結果、肌の老化を早めることになりかねません。早い段階からしっかりとUV対策を行うことで、こうした肌へのダメージを最小限に抑え、長期的に見ても健康的な肌を保つことができます。

日焼け止めの選び方

 日焼け止めを選ぶ際は、その使用目的や肌質、そしてどのような場面で使うのかを考慮することが重要です。紫外線から肌を守るためには、効果的な日焼け止めの選び方を知ることが美肌への第一歩です。

SPFとPAの違いと選び方

 日焼け止めを選ぶ上で重要なのが、SPFとPAの値です。

SPFとは

SPF(Sun Protection Factor)は主にUVBから肌を守る強さを示します。
SPFは2~50までと、50以上を表す50+があります。
現在の最高値は50+です。

PAとは

PA(Protection Grade of UVA)はUVAから肌を守る能力を示します。
PAはPA+からPA++++までの4段階で表されます。最高値はPA++++です。

UVBは肌の表層を照らし、日焼けの原因になりますが、UVAは肌の深層にまで到達し、シワやたるみの原因となります。日常生活での使用であれば、SPF15〜30、PA++程度で十分ですが、屋外でのスポーツやレジャーなど、長時間紫外線にさらされる場合は、SPF50、PA+++以上の製品が適しています。

肌質に合わせた選び方

 日焼け止めを選ぶ際には自分の肌質に合わせた製品を選ぶことも大切です。例えば、敏感肌の方は肌への刺激が少ないノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)日焼け止めや、肌荒れ防止成分配合の製品を選ぶと良いでしょう。

 また、乾燥肌の方は保湿成分入りの日焼け止めを、脂性肌の方はサラっとした使い心地の製品を選ぶなど、肌質に合わせた選択が重要です。UVケアは日々の美容ルーティンの一環として捉え、自分に合った日焼け止めを見つけましょう。使い方に合わせた選び方

Cellapy セラピー セラペア デイリーUVクリーム 
¥3,000

敏感肌さんにおすすめのノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)の日焼け止めです。
ノンケミカル特有の白浮きを押さえ、伸びの良いテクスチャーです。またSPF50+、PA++++と最高レベルの日焼け止め効果です。

MISSHA ミシャ オールアラウンド セーフブロック サンスティック コットン / アクア ¥1,980

まるで塗る油取り紙のようなさらさら使用感の「コットン」とひんやりとうるおい補給の「アクア」の2種類。

・コットン
皮脂カットパウダーで、油取り紙のように皮脂を吸収。過剰な皮脂をおさえてさらすべ肌に。
汗と皮脂に強いスウェットプルーフで、スポーツの時にも!

・アクア
肌体感マイナス3度!塗った瞬間ひんやりと汗と熱を吸収してクイックケア!
火照った肌に水分エッセンスがうるおいを補給。

香り&パッケージで選ぶ

毎日使うUVケアアイテムは、香りやパッケージが気に入る商品のほうが気持ちよく使えます。
可愛らしいパッケージや、良い香りのするUVケアアイテムも増えていますので、お好みのものを探してみてはいかがでしょうか。

A’pieu アピュー ジューシーパン UVスティック スイカバー / メロンバー
¥1,650

2024年のジューシーパンUVスティックは、なんと定番アイスのロッテ「スイカバー」と「メロンバー」とコラボしました。

アイスのパッケージをイメージした外箱、スイカとメロンをイメージした商品デザイン。
そして、香りもスイカとメロンをイメージしました。

汗・水で落ちにくく、保湿成分「ナイアシンアミド」配合です。

日焼け止めの正しい塗り方

適量の取り方

 日焼け止めを塗る際の適量は、商品や剤型によっても異なりますが、顔だけでティースプーン約1/2杯分(約1.3ml)、ボディに使用する場合はさらに多めに必要です。

顔とボディの両方に適切な量を塗ることで、紫外線から肌を守ることができます。量が少ないと、十分な日焼け対策ができず、美肌への影響も考えられます。

ムラなく均一に塗るコツ

 日焼け止めをムラなく均一に塗るためには、まず適量を手に取り、両手のひらでよく伸ばしてから肌に塗り広げていきましょう。
 顔に塗る際は、額、頬、鼻、あごなど、顔全体に点を置くようにしてから、内側から外側へと優しくなじませていきます。ボディに塗るときも同様に、適量を手に取り、両手のひらを使って大きく円を描くように優しくのばしていきましょう。
 日焼けしやすい部位や、塗り忘れがちな耳の後ろや髪の生え際、手足の関節部分にも忘れずに塗ることが重要です。均一に塗るコツは、クリームを肌にのせたら、軽く手を滑らせるようにして広げ、肌になじませることです。また、鏡を使って塗り残しがないか確認することも効果的です。

日焼け止めの塗り直しの重要性

 UV対策として日焼け止めの使用は非常に効果的ですが、使用する上で最も重要なことの一つが塗り直しです。
 一度塗った日焼け止めが一日中その効果を持続するわけではありません。時間が経つにつれて、その効力は徐々に低下していきます。特に屋外での活動では、汗や水による流れ、タオルでの拭き取りなどにより、効果が落ちやすくなります。正しいタイミングでの塗り直しは、紫外線から肌を守る上で欠かせない習慣と言えるでしょう。

塗り直しのタイミング

 日焼け止めの塗り直しのタイミングは、一般的に2~3時間おきと言われています。しかし、水辺での活動やスポーツなどで汗を多くかく場合は、もっと頻繁に塗り直しをする必要があります。また、タオルで汗を拭いたり、水に濡れた後は、その都度、日焼け止めの塗り直しを行いましょう。塗り直す際には、肌表面の汗や水分をしっかりと拭き取った後、適量の日焼け止めを均一に塗り広げることが重要です。

メイクの上からの塗り直し方法

 日常生活でメイクをされる方々にとって、メイクの上から日焼け止めを塗り直すことは少し難しいと感じられるかもしれません。しかし、美肌を保つためにはUV対策は不可欠です。メイクの上からでも簡単に塗り直しができるスプレータイプの日焼け止めや、パウダータイプの日焼け止めがおすすめです。
 また、日焼け止め効果のあるファンデーションを使っていただくと、化粧直しの時に日焼け止め効果を得られます。 
 これらの製品を活用することで、手軽に日焼け止めの塗り直しが可能になります。美容と日焼け対策を両立させながら、美肌を保つためにも、塗り直しを怠らないようにしましょう。

日焼け止め使用上の注意点

NGな塗り方 3つとは

 日焼け止めを使用する際には、いくつかのNGな塗り方があります。

  • 均一じゃない
  • 塗る量が少なすぎる
  • 外出直前に塗布する

 まず、塗り方が不均一であることは避けるべきです。部分的に薄い、または塗り残しがないように塗布するようにしましょう。
 また、量が少なすぎることも、日焼け対策としては十分ではありません。適切な量をしっかりと全体に塗り広げることが重要です。
 紫外線対策として日焼け止めを使用する際は、塗った直後に外出するのではなく、塗布後に少し時間を置いてから外出することがおすすめです。日焼け止めが肌になじみ、効果を発揮するための時間を確保しましょう。

落とし方のポイント

 日焼け止めの落とし方にもポイントがあります。日焼けから肌を守るために使用する日焼け止めですが、肌に長時間残りすぎると肌トラブルの原因にもなり得ます。

そのため、夜のスキンケア時には、専用のクレンジング剤を使用してしっかりと日焼け止めを落としましょう。
特にウォータープルーフタイプの日焼け止めを使用した場合は、落ちにくい特性があるため、クレンジング剤を使用して丁寧に落とすことが大切です。また、日焼け止めをしっかり落とした後は、肌の保湿ケアを忘れずに行うことが肌を健康に保つ秘訣です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次